ケノンは家庭用脱毛器の中でも一番人気がありますが、
よく比較されるのがレーザー脱毛器のトリアです。

私も一瞬悩んだのですが、
そもそもトリアは眼中にありませんでした。

何故なら、あの照射口の狭さを見て、
めんどくさがりな私は絶対に続かないと思ったからです。

[chat face=”micchon1.jpg” name=”” align=”left” style=”type1″]
いきなり結論ですが、
私がおすすめするのはケノンです。

ですがやはり一応チェックはしましたし、
気になってる人も多いかと思いますので、
ケノンとトリアを比較してみたいと思います。
[/chat]
 
ケノンはフラッシュ脱毛器、トリアはレーザー脱毛器。
単純比較するのは難しいのですが、
私なりに調べて比較してみました。

ケノンとトリアを比較してみました

項目 ケノン トリア
脱毛方式 フラッシュ式 レーザー式
定価 98,000円 54,800円
通電方法 コード式 充電式
脱毛部位 ほぼ全身 ほぼ全身
照射面積 最大9.25cm2 直径8ミリ
レベル調整 10段階 5段階
重さ 120g 584g
美顔機能 あり なし
自動連射 3,6連射 可能
返金保証 なし 30日間
生産国 日本 アメリカ
支払方法 現金、銀行、代引き、クレジット 代引、クレジット

 

比較するポイント

最初に書いたように私はケノラーなのでケノン推しですが、
一旦それは横に置いてシビアに比較してみました。

どちらもムダ毛を脱毛するという目的は同じですが、
モノはまったく別物だと考えた方がいいですね。

そもそも脱毛方式が違います。
ケノンは日本人向けに作られていますが、
トリアはアメリカ人向けに作られたものを日本で販売しています。

悪いという意味ではありません。
日本人でも大丈夫ですよというスタンスです。

何故私がトリアではなくケノンを選んだかですが、
一番は「照射面積の広さ」です。

結局めんどくさかったら使わなくなると思ったので、
できるだけ簡単でコスパもよく売れてるものがいいと思ったのです。

脱毛効果はどちらもありそうだったけど、
照射面積は一目瞭然ですし重さも違いますもんね。

そんなこんなをトータルコスパで見たときに、
やっぱりケノンかなぁという結論になりました。
自宅で脱毛する場合は継続しないといけないですからね。